読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CocosBuilder入門①(環境構築〜HelloWorldまで)

cocos2dプロジェクトの作成

cocos2dのテンプレートがまだインストールされていない場合は、インストールしておいてください。今回はcocos2d-iphone-2.1-beta4を使用して解説します。 Xcodeを起動し「File」→「New」→「Project...」より新規Xcodeプロジェクトを作成します。 左ペインで「iOS」の「cocos2d v2.x 」を選択し、右ペインで「cocos2d iOS」を選択し「Next」をクリックしてください。

f:id:murapong:20130113174445p:plain

以下を入力し「Next」をクリックしてください。

Product Name:CocosBuilderSample
Organization Name:任意
Company Identifer:任意
Device Family:iPhone

ここまでで一旦Xcode側の準備はOKです。「Product」→「Run」でcocos2dのHelloWorldが表示されることを確認してみましょう。

f:id:murapong:20130113175142p:plain

CocosBuilderのダウンロード / インストール

CocosBuilderのダウンロードページよりダウンロードします。後ほど使用するのでApplicationとExamplesの両方をダウンロードしておきましょう。今回は記事執筆時点での最新バージョンの2.1をインストールします。

f:id:murapong:20130114224144p:plain

ダウンロードしたCocosBuilder-2.1.zipを解凍するとCocosBuilderのアプリケーションファイルが入っているので、それをMacの「アプリケーション」フォルダに移動させればインストール完了です。

CocosBuilderプロジェクトの作成

CocosBuilderを起動し「File」→「New」→「New Project...」よりCocosBuilderプロジェクトを作成します。 「Save As:」 に「CocosBuilderSample」と入力し、さきほど作ったXcodeプロジェクトの「Resources」フォルダに保存します。

f:id:murapong:20130114221605p:plain

サンプルの「HelloCocosBuilder.ccb」が作られるので、まずはこれをiOSシミュレータ上に表示させてみましょう。

f:id:murapong:20130114221819p:plain

早速「File」→「Publish」をクリックすると「Resources」フォルダに「HelloCocosBuilder.ccbi」というバイナリファイルが作成されます。

f:id:murapong:20130114221936p:plain

Xcodeに戻り「Resources」グループを右クリックし「HelloCocosBuilder.ccbi」を追加します。(「HelloCocosBuilder.ccbではないので注意してください)

f:id:murapong:20130114222127p:plain

f:id:murapong:20130114222137p:plain

コードからccbiファイルを読み込む

追加したccbiファイルを読み込むために、CCBReaderクラスを追加します。これはダウンロードしたExamplesの中に入っています。Examplesを解凍し、Add to Your Project\cocos2d-iphoneにある「CCBReader」をXcodeプロジェクトに追加します。

f:id:murapong:20130114222934p:plain

AppDelegate.mを開いて先頭に

#import "CCBReader.h"

を追加します。

実際にccbiファイルを読み込む部分は、

-(void) directorDidReshapeProjection:(CCDirector*)director

[director runWithScene: [IntroLayer scene]];

[director runWithScene:[CCBReader sceneWithNodeGraphFromFile:@"HelloCocosBuilder.ccbi"]];

に書き換えるだけでOKです。cocos2dのバージョンによって若干修正箇所は変わってきますが、AppDelegate.m内のrunWithSceneを探してみてください。

「Product」→「Run」してみましょう。CocosBuilderのHelloWorldが表示されれば成功です。

f:id:murapong:20130114223013p:plain

cocos2d-iphone-2.1-beta4の場合、CCBReader.mで以下のエラーが発生します。

f:id:murapong:20130114235816p:plain

これはcocos2d-iphone-2.1-beta3からbeta4にかけてCCFileUtilsクラスに変更が入ったためです。 以下のように書き換えることでエラーを回避できます。

    // Use default lookup
    return [_bundle pathForResource:resource ofType:ext inDirectory:subpath];